探偵が行う警察顔負けの捜索方法について

探偵が行う捜索方法は、その対象者によって異なります。

 

まず、対象者が成人の場合は、友人や恋人関係、そしてビジネスにおける交友関係などを中心に
調査を開始されます。携帯電話のデータからも、様々な情報を割り出せるようです。
こういった交友関係だけでなく、よく通っていたお店などからも有力な情報を得られることがあります。
また、宿泊施設やマンスリーマンションなどにも調査の範囲を広げられます。

 

対象者が未成年の場合は、成人よりも友人や恋人と連絡を取り合っている可能性が高いので、
友人関係が調査の中心となります。
他に、未成年の特徴として身近な娯楽施設で見つかる場合が多いので、
ゲームセンターやカラオケ、マンガ喫茶なども、探偵は捜索の対象に入れます。

 

最初は、家族の方々での捜索になるでしょう。
家出・失踪後、約4日を経過して、本人の情報が確認されない場合は探偵依頼を検討したほうがよいです。
時間が経ちすぎると、失踪人の失踪直後の情報が少なくなり、自殺などの可能性も高くなります。
はやめの相談をおすすめします。