総合探偵・興信所MRの行方不明人捜索の特徴

MRによる行方不明人調査方法の流れと調査理念は以下の通りです。
調査の依頼内容に基づいて、適切な人員を考慮したプロジェクトチームを構成します。当初の調査依頼内容の把握についても、ベテランの調査員が同席して、可能な限りの情報を頂戴します。それによって、MR全調査員が調査の方向性にブレが生じないように指示を徹底します。
チームワークの結束力を生かして早期解決を目指しますので、どのような調査であっても、単独行動を避けて、判断に偏りが生じることがないように配慮をおこないます。
実際の調査は、まず調査対象者を取り巻く人間からの聞き込みから始まります。長年の経験を積んだMR調査員による聞き込みは、その情報収集能力に定評があります。あくまで人権を最大限尊重した聞き込みを徹底します。
聞き込み情報に基づいて、的確な対象者の所在の絞込みがおこなわれますが、集約された情報は、満を持して想定される複数のパターンを設定します。尾行や張り込みにおいて、決して混乱を来たさないための対策になります。足で稼ぐという基本動作は常に繰り返し行われており、どんなに無駄に見えるようなことでも、必ず行動を起し、自分の目で確かめることに徹します。発見と同時に身元の安全確保に努め、依頼者様に引き渡します。再発防止を配慮の上で、アフターケアにも万全を尽くします。