一般的な行方不明者の警察での捜索方法とは?

行方不明者の捜索というと、まず警察に連絡しようと考えるのが一般的です。
いなくなった人を探してほしいと警察に申し出ると、「家出人捜索願」を提出することとなります。
では、警察に届けるとどのような捜索が行われるのかというと、まずはこの「家出人捜索願」に記載された情報を元に、行方不明者を警察のデータベースに登録します。
そして、巡回中に挙動不審者、行方不明者と思われる人を発見したら、そのデータベースに照合するという方法が取られます。
ただし、ここでもし照合の結果、探していた行方不明者本人だとわかったとしても、警察では、本人が成年で、身体的にも不具合はなく、意識を明確に持っており、自分の意思で家出している場合は、拘束したり、無理に捜査を依頼してきた人に会わせるということはできません。
ただし、依頼してきた人に対して、どこで行方不明者と接触し、どのような内容の話があったか、状態はどうであったかを知らせてもらうことはできます。
また、家出人捜索願が提出されているため、届出人に対して連絡するよう要請をします。