ガルエージェンシーの行方不明人捜索の特徴

行方不明人の捜索には2つのタイプがあります。

 

1つは昔の恩人や悔やまれる別れ方をした恋人、友人、知人などに会いたいと思っても、現在の所在がわからない場合。この場合は電話番号、氏名、生年月日、実家の住所、過去の住所、出身学校、以前の勤め先などから探し出します。

 

もう1つは、家出・失踪などで居場所を隠し、逃げている場合。この場合は失踪者の写真、氏名、生年月日、借入金の有無、付き合いのある異性、友人・知人の連絡先、よく行く飲食店、預金通帳(出金履歴)、クレジットカード、運転免許証の有無、移動手段(車又はオートバイ)、失踪時に持出したと思われる物などから探し出します。

 

いずれにしても、ガルエージェンシーは業界最大手ともいえる、全国的に網羅されたネットワークを持ちます。探偵の数は約800名。行方不明人の捜索では、このネットワークが力を発揮します。

 

また、ガルエージェンシーは探偵学校を運営しています。尾行・撮影術から法律、法令順守・守秘義務の徹底まできちんと指導しており、裁判用の証拠収集にも定評があります。ガルエージェンシーの探偵は質が高いといえるでしょう。